妊娠中の便秘の原因や解消方法

妊娠すると、便秘になりやすくなります。妊娠中の便秘の原因は、妊娠することで多く分泌されるようになる黄体ホルモンにあります。黄体ホルモンには、子宮内の胎児をしっかりと守るために、子宮が縮んでしまうことを防ぐ働きがあります。そしてそれにあわせて、排泄を促す平滑筋も、収縮しにくくなります。そのため、便が排出されにくくなるのです。

さらに黄体ホルモンには、母体の水分を胎児に与える働きもあります。胎児に水分が与えられれば、その分だけ母体の水分は少なくなります。それによって便が硬くなることも、妊娠中の便秘の原因となっています。妊娠している以上、黄体ホルモンの分泌を止めることはできないので、便秘を解消するためには運動や食事における工夫が必要になります。運動によって平滑筋を鍛えたり、便を柔らかくするための水分や食物繊維などを多く摂取したりすることで、便秘を解消したり予防したりすることができるようになります。

便秘薬を服用するという方法も有効ですが、市販されている便秘薬には、妊娠中の服用に適していないものもあります。そのため、産婦人科などで妊娠中でも安心して服用できる酸化マグネシウム錠などを処方してもらう必要があります。

妊婦の妊娠中の肌荒れ対策
女性ホルモンのバランスが乱れて肌トラブルを起こしやすくなるのが妊婦さんの特徴です。妊娠前と妊娠後では化粧品を変えるという方も多いです。

腸内環境改善で花粉症軽減
冬は寒くて外に出るのが億劫になってしまう事がありますが、春には春で悩みをもっている人たちもいます。春先は、特に花粉症などに悩まされる人が多く見受けられる様になります。くしゃみが少し出る位の軽い症状で... 記事の続きはこちら
産後の便秘を解消するために
妊娠中は、子宮が大きくなるにつれて、肛門の周辺の平滑筋がゆるんでいきます。それが、産後の便秘の原因となることがあります。平滑筋がゆるんだままだと、排便時に力をうまく入れることができなくなるのです。さ... 記事の続きはこちら
腸内環境を整える食べ物
人間の身体において、腸は栄養を吸収する重要な役割と同時に、体外に不要な物質を体外へ排出する機能を持っています。そのため、腸の環境を良好に保っておく必要があります。腸の中には100兆以上の細菌が存在し... 記事の続きはこちら

このページの先頭へ