腸内環境を整える食べ物

人間の身体において、腸は栄養を吸収する重要な役割と同時に、体外に不要な物質を体外へ排出する機能を持っています。そのため、腸の環境を良好に保っておく必要があります。腸の中には100兆以上の細菌が存在していると云われています。この腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。善玉菌は腸内を酸性に保ち、腸の消化吸収機能を高める役目を担っています。悪玉菌は腸内をアルカリ性に保ち、腸の機能を低下させ下痢や便秘などの症状を発生させます。善玉菌が増殖すれば悪玉菌が減少しますし、悪玉菌が増殖すれば善玉菌が減少する関係にあります。

そのほか腸内には、善玉菌と悪玉菌以外の「日和見菌」という細菌が存在しています。この日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のバランスをとる役割を担っていると云われています。善玉菌と悪玉菌のいずれかが増殖しすぎても、腸内環境は不安定な状態になります。腸内においては、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスをうまく保つことが重要です。腸内環境を整える食べ物として、ヨーグルトなどの乳酸菌や大豆食品があります。これらの乳酸菌食品類を摂取することにより、腸内の善玉菌を増殖させることになります。そのため、毎日一定量の乳酸菌食品類を食べることが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ