腸内環境改善で花粉症軽減

冬は寒くて外に出るのが億劫になってしまう事がありますが、春には春で悩みをもっている人たちもいます。春先は、特に花粉症などに悩まされる人が多く見受けられる様になります。くしゃみが少し出る位の軽い症状であればまだマシですが、酷くなるとくしゃみ・鼻水・目のかゆみが止まらず、仕事や普段の生活にも影響を及ぼします。

この症状を改善するために、毎日ヨーグルトを食べるのが良いとされています。春先に実行している人も多くいます。ヨーグルトなどの発酵食品は、腸内環境を整える働きをもっています。ヨーグルトに含まれる善玉菌のビフィズス菌が腸内においてその働きを発揮します。腸内の環境を整える事で、花粉症を含む体全体の免疫力を上げる事へと繋げていきます。

発酵食品というと、ヨーグルト以外にも、漬物や納豆、お味噌汁の味噌などが挙げられますが、どれも日本古来のものですので、納豆などは毎日の食事に取り入れる事などもできます。また逆に、甘いお菓子類や辛いものなどは、腸内を刺激し易くなり、免疫力の低下に繋がる場合があります。せめて花粉症が出てしまう時期やその前後の摂取は避ける様にする方がいいともいわれています。発酵食品などを利用して、腸内環境改善で花粉症軽減を実施してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ